チャレンジ1年生の評判はよくない?リアルな口コミを集めてみました!

チャレンジ1年生は評判があまりよくないという噂を耳にしたことはありませんか?

今回は、本当にチャレンジ1年生の評判が悪いのかどうか、リアルな口コミを集めてみました。

そして、口コミをもとに、チャレンジ1年生を受講するべきかどうか分析し解説していきます。

この記事では、

「チャレンジ1年生ってどんな講座?」

「チャレンジ1年生にタブレットはある?」

「チャレンジ1年生の料金はどのくらい?」

「チャレンジ1年生の口コミや評判はどんな感じ?」

「チャレンジ1年生って結局どうなの?」

など皆さんが知りたい情報を掲載していますので是非最後までご覧ください。

進研ゼミチャレンジ1年生とは?

進研ゼミ小学講座の小学1年生向け講座には、タブレットで学習する「チャレンジタッチ」と紙教材をメインに学習する「チャレンジ1年生」があります。

チャレンジ1年生では、送られてくるテキスト教材を利用して学習をします。

毎月取り組む教材には、「メインテキスト」「学習サイクル・添削問題」があります。

時期・目的に合わせて取り組む教材には、「特別教材」「コース別ドリル」「英語教材」「読み物・体験教材」があります。

メインテキスト

チャレンジ1年生のメインテキストでは、1日15分で無理なく学習をすることができます。

チャレンジ1年生のテキストは学校で利用している教科書に対応しているので、学校の授業の予習や復習を簡単にすることができます。

進研ゼミ公式サイトより引用

添削問題

添削問題では、普段利用しているメインテキストで学習した内容を赤ペン先生によってしっかりと定着させます。

赤ペン先生は、担任制の添削指導となっているので、お子様一人ひとりに合ったアドバイスがあり、お子様のやる気を継続させることができます。

進研ゼミ公式サイトより引用

特別教材

特別教材では、ひらがなや漢字、さらにはたし算・ひき算の学習を楽しく行うことができます。

進研ゼミ公式サイトより引用

コース別ドリル

コース別ドリルでは、長期休みなどに、理解度に合わせてコース別に学習することができます。

「実力診断テスト」や「個別復習ドリル」を繰り返し学習することによって、お子様の学習を定着させることができます。

進研ゼミ公式サイトより引用

英語教材

英語教材では、ネイティブの発音で、楽しく英語を学ぶことができます。

「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能を身近な表現やものの名前で学習することができるので、お子様の「英語が楽しい!」という英語に対するやる気を引き出してくれます。

進研ゼミ公式サイトより引用

読み物・体験教材

読み物・体験教材では、知的好奇心を高める教材をお届けします。

毎月届く「わくわくサイエンスブック」は、理科や社会に興味を持つような楽しい読み物となっており、お子様が幅広いテーマに興味を広げる機会になっています。

進研ゼミ公式サイトより引用

チャレンジ1年生にタブレットはある?

チャレンジ1年生にタブレットを利用した学習はあるのでしょうか?

結論として、上記の通り、チャレンジ1年生にはタブレット学習がありません

チャレンジ1年生では、実際に紙の教材を利用して、読み書きに慣れていくことがメインとなっており、タブレットを用いた学習は採用していません。

タブレットを用いた学習は、チャレンジタッチですることができますので、そちらについては下の記事を参考にしてみてください。

チャレンジ1年生の料金

チャレンジ1年生の支払いの方法では「毎月払い」「12ヶ月払い」があります。

より安くチャレンジゼミを利用するには「12ヶ月払い」がおすすめです。

 12ヶ月一括6か月一括毎月払い
チャレンジ1年生月当たり2,980円
総額:37,560円
月当たり3,300円
総額:20,490円
3,680 円

全科目込みの価格で、入会金は0円となっており、また、テキスト等の送料も不要ですので、月額の支払い以外は一切料金が発生しない仕組みになっています。

チャレンジ1年生の口コミ・評判

結局チャレンジ1年生ってどうなの?

チャレンジ1年生の口コミまとめ
  • 付録やキャラクターなどでお子様のやる気が出やすい!
  • 赤ペン先生は楽しみながら取り組むことができる!

チャレンジ1年生は比較的良い口コミが多く、満足しているご家庭が多い印象を受けました

結論として、チャレンジ1年生はよくないという噂は間違っており、多くのご家庭に支持され信頼もある通信教育だということがわかりました。

無料で資料請求ができますので、一度資料請求をしてみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました